本場鹿児島・枕崎・鰹本枯れ節 的場水産

HOME > 会社情報・的場水産株式会社の歩み

会社情報・的場水産株式会社の歩み

■1956年(昭和31年) 鰹節製造卸問屋的場重盛商店として始める
■1960年(昭和35年) 的場水産株式会社に法人改組
資本金400万円
初代的場重盛が代表取締役に就任
■1962年(昭和37年) 初代的場重盛は、枕崎水産加工業協同組合の代表理事組合長となる
第6回全国鰹節類品評会において
鰹本節で水産庁長官賞を受賞
■1975年(昭和50年) 鰹節の二次加工である削り節工場を新設
■1978年(昭和53年) 鰹節・鰹パック直売店を新設
第10回全国鰹節類品評会において鰹本節で農林水産大臣賞を受賞
■1982年(昭和57年) 2代目的場正大が代表取締役に就任
■1984年(昭和59年) 鰹節削り節加工拡充の為第3工場を新設
■1992年(平成4年) かび付け・休憩室棟新設
■1993年(平成5年) 鰹節・鰹パック直売店改築
第15回全国鰹節類品評会において鰹亀節で水産庁長官賞を受賞する
■1995年(平成7年) 鰹節保管倉庫を新設
■1996年(平成8年) 鰹節製造工場増改築
3代目的場秀三郎が代表取締役に就任
■1999年(平成11年) 4代目的場信也が代表取締役に就任
資本金3千万円に増資
■2000年(平成12年) 鰹節パウダー工場を新設
■2006年(平成18年) 鰹節削り節・パウダー加工場統合の為新加工場を新設
■2009年(平成21年) 贈答品ブランド「◎鰹家」を導入
オン・ライン・ショプを開設
※2009年(平成21年9月現在)

© 2010 MATOBA SUISAN CO.,LTD. All rights reserved. 本場鹿児島・枕崎・鰹本枯れ節|的場水産