blankHOME個人のお客様|SHOPPING法人のお客様|BUSINESS会社情報|ABOUT USカツオ大好き!|BLOGblank

 SHOPPING TOP > 削り器・器など > > 『宋艸窯 鰹節灰釉刷毛目「器」シリーズ』 小鉢B (限定数量15個)

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律



 


的場水産電話とFAX

●フリーダイヤルの受付は9:00~17:00まで。日曜日、祝日、弊社休業日はお受けできません。あらかじめご了承ください。
●17:00時以降にいただいたファックスは翌営業日の対応とさせていただきます。


送料一覧表

削り器・器など

鰹節の製造工程で出てくる木灰を釉薬に用いた 『宋艸窯 鰹節灰釉刷毛目「器」シリーズ』

日本工芸会正会員である陶芸家の竹之内彬裕さん主宰の「宋艸窯」の作品です。

落ち着いた色合いと自然の優しさが感じられる作品です。

【冷奴や和え物などにちょうどいい大きさの小鉢です。少し深みもあるのでとっても使いやすいんです】



  • NEW
  • 限定品
商品コード: SSG-3

『宋艸窯 鰹節灰釉刷毛目「器」シリーズ』 小鉢B (限定数量15個)

販売価格(税込) 2,700 円
ポイント: 125 Pt
関連カテゴリ:

削り器・器など >

個  数

カゴに入れる

なぜ鰹家が「器」なのか?

鰹節の製造工程の一つ「焙乾」では、大量の薪を燃やして鰹節を燻します。
その薪の灰はこれまで鹿児島の郷土菓子「あくまき」の灰汁などに用いられてきました。

が、もっとほかの使い道はないのか、鰹節を作る工程で出てきたものをもっと徹底的に活用したい。

そんな思いを抱いていた時に、日本工芸会正会員である陶芸家の竹之内彬裕さんとの出会いがありました。

自然の恵みが形となり、その器で自然の恵みをいただく。
鰹節でしっかり出汁を取った本物の料理にふさわしい器。

それがまさにこの 『宋艸窯 鰹節灰釉刷毛目「器」シリーズ』 なのです。




「宋艸窯」

竹之内彬裕(たけのうちあきひろ)略歴

昭和12年 鹿児島に生れる
昭和42年 現在の地に宋艸窯築窯
昭和59年 九州山口陶磁展 朝日新聞社賞(産業部門)
昭和60年 日本伝統工芸展入選
昭和61年 日本伝統工芸展入選
  〃   西部工芸展 朝日新聞社金賞
昭和62年 日本伝統工芸展入選
  〃   西部工芸展 朝日新聞社銀賞
  〃   西日本陶芸展入選
昭和63年 日本伝統工芸展 日本工芸会長賞

<日本工芸会正会員>

★商品情報 および 注意点★

【商品内容】 小鉢1個

【大きさ】 直径約145 ?×高さ約 45?
     
【注意点】

・商品はすべて手作りですので形状、色合い等が写真と異なる場合がございますが。

・電子レンジ・オーブン等にはご使用できません。

・食器洗い機・食器乾燥機のご使用により破損する恐れがございます。

『宋艸窯 鰹節灰釉刷毛目「器」シリーズ』 小鉢B (限定数量15個)
このページのTOPへ
Copyright(C)2010-2011 MATOBA SUISAN CO.,LTD. All rights reserved.