「もう一度原点に」

先日、群馬県にある 正田醤油㈱ 様が工場見学にこられました。
今後の新製品開発に際し、鰹節を探しに枕崎に来られたとのことで、弊社にもお立ち寄りいただきました。
工場見学のあと、鰹節の種類別に出汁をとり利き出汁をされるということで、私も一緒に立ち会わせていただくことに。
正田醤油様2
本枯節(近海物)
本枯節(一本釣)
本枯節(まき網)  など・・・
鰹節そのものの味、出汁の味、醤油を加えた時の味。
並べて飲み比べてみると、こんなにも違いがあるのか!とあらためて驚きました。
正田醤油様3
開発担当の方々はさすが味覚のプロですね。
味や風味の表現はもちろん、即座にお料理のイメージやアイデアが出てくるのにビックリ。
今回の枕崎訪問の理由を尋ねてみると、
「醤油も以前は畑で取れた大豆を使い、一つ一つ全て手作業で手間暇かけて作られたものなんです。もう一度原点に戻ろうと。今戻らなければ後世に何も残せなくなるんです。醤油だけではなく使用する全ての食材を一から見直してみようと」 と。
鰹節も同様です。
鰹節は日本でしか製造されていないと思っている方も多いようですが、そうではありません。
海外で製造輸入された鰹節も多く流通しています。
また、さまざまな調味料でいろいろな味が試せることは、とても簡単で便利ですし、悪いことだとは思いません。
ただ、本物の味もしっかり知ってほしい。そしてそれが、日本でどのような歴史を持ち、どのように作られているかを。
今回このような経験をさせていただき本当に勉強になりました。
そして心に思うことは、
「本物の味を正直に」
鹿児島枕崎 伝承工房・鰹家
 

腹皮のおろし和え

カツオの腹皮というと、塩焼きや唐揚といったお料理が定番ですが、今回は大根おろしでおろし和えを作りました。
焼き魚と大根おろしって切っても切れない名コンビ!!
また、枕崎では腹皮にお酢をかけて食べる人が多いことから、
「え~~い、全部混ぜてしまえ!!」
ということで、出来上がったのが ↓ こちらです。
腹皮おろし和え
焼いたカツオの腹皮を温かいうちにほぐし、大根おろしとかいわれ大根で和えただけの一品。
(写真だとなかなかオシャレに見えますね♪)
香り付けにレモンの皮を添え、三杯酢でいただきました。
大根おろしとレモンが腹皮特有のくせを消し、とてもさっぱりと美味しくいただけましたよ。
ぜひお試しください。
鹿児島枕崎 伝承工房・鰹家

★新鮮腹皮お届け便 期間限定・数量限定販売★

この度オンラインショップ「伝承工房・鰹家」では、
【 新鮮腹皮お届け便  】  (冷凍腹皮10枚 約1.2K) 2,​000円 
腹皮便1
を期間限定・数量限定にて販売いたします。
 
【  2012年2月20日~4月20日  300個限定  】
「カツオの腹皮」は鹿児島枕崎のふるさとの味。
そのまま塩焼きに、一口大に切って唐揚などいろんなお料理にお使​いいただけます。 焼酎との相性も抜群です。
鹿児島県枕崎港に水揚げされたカツオの腹身の部分をそのまま冷凍​いたしました。
(限定数量になり次第終了いたします。なおカツオの鮮度により限​定数量が変更になる場合がございますのでご了承ください)
鹿児島枕崎  伝承工房・鰹家

かんぶつマエストロ中級合格証

先週末、「かんぶつマエストロ中級合格証」が届きました。
昨年9月に東京で受講した中級講座、合格の連絡はすでにいただいていたのですが、あらためて合格証がとどきました。
IMG_3888
北は北海道から南は鹿児島(私)まで。
一緒に合格された中級のみなさんは、それぞれの専門分野でご活躍されている方々ばかり。。
みなさんの活躍をみるたびにたくさんの刺激をいただいています。
ブログでかんぶつの紹介やお料理紹介などもしたいなぁ~ と思いつつも、日々の作業に流され今日まできてしまっておりますが、また少しずつUPしていきたいと思っております。
私も頑張らなくっちゃ!!
合格証をみながら節分の豆(←かんぶつ)を歳の数だけ食べる私でした。
鹿児島枕崎 伝承工房・鰹家